幼児教育から中学受験まで、幅広い内容のDVD教材を、ウェブ、書店などで販売しています

よくある質問

  • HOME »
  • よくある質問

よくあるご質問へのお答えを掲載しております。随時更新していく予定です。
その他のご質問がございましたら、メールや「お問い合わせフォーム」などからお問い合わせください。

  1. ご購入前のご質問
  2. 発送についてのご質問
  3. お支払いについてのご質問
  4. 各タイトルの内容についてのご質問
  5. 英語シリーズについてのご質問
  6. 中学受験に関してのご質問
  7. サンプルDVDについてのご質問
  8. ご購入後のご質問

1.ご購入前のご質問

書店で買いたいが、店頭にありません。
書店様に注文してお取り寄せいただけます。取り寄せまでに時間がかかる場合がございます。
外国でも見られますか。
NTSCの映像方式に対応しているテレビ、プレーヤーであれば再生が可能です。当社のDVDはリージョンコードによる制限はかけておりません。(※リージョンコード…世界を地域で分け、指定の地域でのみ再生を可能にする識別コードで、ディスクとプレーヤーのリージョンコードが一致しないと再生できない仕組みになっています)
ビデオはありますか。
VHSビデオ版がございます(一部タイトルはDVDのみ)。ホームページの買い物カゴからは注文ができませんので、お手数ですがお電話やメールにてお問い合わせください。こちらをご参照下さい。→ VHSビデオ版について
インターネット注文と電話注文は何か違いがありますか。
ご注文数が3本未満の場合の送料が、ネット注文では100円ですが、電話注文では200円になります。注文方法に関わらず3本以上のご注文は送料無料です。
割引きはありますか。
一度に10本以上ご注文いただいた場合に10%割引になります。また、不定期ですが、セール期間を設けて割引になる場合があります。
代引きは出来ますか。
こちらをご参照下さい。→ お支払い方法・配送方法・送料について
内容が新しいかどうか(制作年)は分かりますか。
内容は改定される場合がございますので、各タイトルのページの上部(タイトルや価格が表示されている部分)にDVD初版発行年と最新版発行年を記載しております。ご参照ください。

2.発送についてのご質問

注文からどのくらいで発送になりますか。
当社に直接ご注文(インターネット、電話、FAX等)いただいた場合、通常はご注文受付当日または翌営業日に発送いたします。
(土・日・祝日・年末年始は休業となります。GW・夏季休業等の対応につきましてはホームページに掲載させていただきます)
宅配便を利用することはできますか。
こちらをご参照下さい。→ お支払い方法・配送方法・送料について

3.お支払いについてのご質問

先払いでしょうか。
商品到着後のお支払いになります。
こちらをご参照下さい。→ お支払い方法・配送方法・送料について
クレジットカード払いはできますか。
申し訳ありません。今のところ導入しておりません。 (※当社のDVDはAmazon.co.jp様などでもお買い求めいただけます。Amazon様のホームページでは「書籍」のページでの扱いとなります。タイトル名や「NIKK映像」で検索してください)
コンビ二で支払うことはできますか。
申し訳ありません。今のところ導入しておりません。
銀行振込は利用できますか。
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行の口座がございます。商品と一緒にお送りする請求書に振込先を記載しております。振込み手数料はご負担をお願い致します。

4.各タイトルの内容についてのご質問

紙のテキストや副読本は付いていますか。
付いていません。DVDのみになります。 ※「おぼえちゃおう!」シリーズの「ひらがな」「カタカナ」「ABC」「ローマ字」に文字の一覧表、「せかいちず」に国名の一覧表、「はんたいことば、はんたいことば英語版」には両方に“はんたいことば 日本語・英語 一覧表”が付いています。
「ことわざ」などは、いくつ教えていますか。
「ことわざ」は45、「四字熟語」は55、「慣用句1」は80、「慣用句2」は90です。
この4タイトルとも、本編以外に、言葉の一部をかくしてクイズ感覚で確認できるコーナーがあります。
「英単語とフレーズ」「基本文と英単語」では、英単語がいくつ入っていますか。
それぞれ、次のようになります。
「英単語とフレーズ」は480の英単語とフレーズ(comb my hair のように数語での表現)、「英単語とフレーズ2」は450の英単語とフレーズ、「基本文と英単語」は約150語の英単語、「基本文と英単語2」は約100語の英単語。
「百人一首」は和歌の意味も教えていますか。
教えています。画面に、意味の要約も表示しますが、意味を踏まえたキャラクタたちのやりとりや、情景を表すイラストを見て、和歌の意味が理解できるようになっています。
「はんたいことば 英語版」はどのようなものですか。
日本語版の「はんたいことば」と全く同じ画面で、表示されるのは英単語、きこえてくるのはネイティブなナレーターによる英単語の発音です。日本語で「大きい、小さい」のシーンは「big、small」、「かさが古い、かさが新しい」は「This umbrella is old. This umbrella is new.」となります。日本語版でシーンの意味を理解してから英語版を見ると、内容がわかっているので英単語の意味がよくわかります。日本語版を見ていなくても、アニメで意味を理解できますので、英単語を対にして覚えることができます。
「ひらがな」「カタカナ」は濁音なども教えていますか。
どちらも、「あ行~わ行、を、ん、が行~ば行、ぱ行」を教えています。拗音(きゃきゅきょ、など)は特に教えていませんが、「ちきゅう」「がちょう」「キャンディー」「ルーレット」など、ことばの例として画面に表示し、よんできかせています。
「日本の地理」と「にほんちず」の違いは何ですか。
「日本の地理」は中学受験に対応した内容で、山脈、平野、気候の特色、世界遺産などかなり細かい知識までを短時間にたくさん教えています。
「にほんちず」は、にほんちずパズルのような感覚で、県の名前、位置、形、庁所在地をしっかり覚えられることがメインになっています。幼児~低学年のお子さまには「にほんちず」をおすすめしています。
幼稚園年少~年長ぐらいで、ひらがなは読めます。ことばに興味を持ち始めた時期におすすめのタイトルはありますか。
「おぼえちゃおう!カタカナ」は身近なカタカナことばがかわいいイラストとともに155個も次々とでてきますので楽しめると思います。
「おぼえちゃおう!はんたいことば」は「大きい・小さい、伸びる・縮む」といった反対言葉のやりとりだけで楽しいお話が進んでいきます。使える言葉がぐっとふえ、言葉に興味をもつきっかけになります。
小学校低学年ですが歴史を見せたいと思います。どのタイトルから見たらいいでしょうか。
「時代の流れ編」は古代から現代までの歴史の流れを30分で大変わかりやすく、流れのあるひとつのお話のように紹介していますので「歴史って、何?」という時に「歴史って、こういうもの」と教えてあげるものとして最適です。
「人物編」は歴史上の人物の楽しいエピソードもあり、楽しめると思います。
小学校低~中学年でそろそろ受験勉強の準備をと思います。どのタイトルから見たらいいでしょうか。
早く覚えていれば、受験勉強のときに暗記で苦労せず、基礎知識の上に応用を積み重ねていくことに集中できます。「にほんちず」「日本の歴史 時代の流れ編」はおすすめです。
また、「ことわざ」「四字熟語」「慣用句1、2」も国語分野では必須の知識です。高学年になると他の勉強も山ほどあり、語句の意味を覚えている時間をとることが難しくなりますので、覚えて役立つものは、高学年前に覚えてしまうといいかもしれません。

5.英語シリーズについてのご質問

まだ2歳ですが、見せるとしたらどのタイトルがいいでしょうか。
「英単語とフレーズ1、2」がおすすめです。説明事項はほどんどなく、とにかく単語をたくさん教えています。ネイティブの発音が確実に耳に残ります。同時に「おぼえちゃおう!ABC」も説明事項がなく、アルファベット26文字の形と発音、単語26個が楽しい効果音とともにテンポよくでてきますのでおすすめです。
まったく英語を教えたことがないのですが、どのタイトルから見せたらいいでしょうか。
アルファベットがもうよめるようでしたら、「フォニックス」「英単語とフレーズ1、2」「基本文と英単語1、2」の順がいいと思います。
アルファベットがこれから、でしたら「フォニックス」の前に「おぼえちゃおう!ABC」でアルファベット26文字を覚えることからおすすめします。
ネイティブの発音ですか。
ネイティブのアメリカ人の発音です。
日本語は入っていますか。
大人でも、すべて英語で内容がよくわからないと、集中力がもたないことがあると思います。お子さま一人で見ていても内容が理解できるように、時々日本語が入ります。最低限の日本語で内容の理解を手助けしながらすすむので、集中力が続き、あきずにくり返し見られます。
中学生でも役に立ちますか
「基本文と英単語1、2」で中学1年生で習う英文法を教えています。「英単語とフレーズ1、2」も身近な英単語の発音が確実に覚えられます。当社教材は「わかりやすく、ていねい」に教えておりますが、子ども向けにこだわった演出をしておりませんので、大人の方でも充分にお役立ていただける内容です。

6.中学受験に関してのご質問

受験に役立つタイトルは何ですか。
慣用句1、慣用句2、日本の歴史(3タイトル)、日本の地理、日本の産業1、日本の産業2、体のしくみ、電流・電磁石、力のはたらき1、力のはたらき2、などをおすすめしています。
受験勉強のためには「日本の歴史」3タイトルのうち、どれから見たらいいですか。
まだ歴史をまったく学習していない、また、学習が始まったけれど歴史に苦手意識がある、興味がもてない、などでしたら、「時代の流れ編」で歴史の大きな流れ、最重要事項を知り、「古墳・飛鳥、奈良、平安、鎌倉…」の時代順を把握することをおすすめします。
一通り学習し、受験のための暗記を、という際には「できごと編」で重要事項ごとに歴史を確認できます。また、重要事項を人物中心に確認できる「人物編」も余裕があれば、違った視点からの理解が加わることで知識が確実に定着していきますので、ぜひご覧下さい。
「世界の歴史」は必要ですか。
知識として、偉人については出題されることがありますので(万有引力を発見したのは?など)「世界の歴史 人物編」は見ておいてもいいかもしれません。
また「時代の流れ編」「人物編」は主に第一次世界大戦以降、世界と日本とのかかわりが増え、日本史の知識の定着に役立ちますので余裕があればおすすめします。「世界の歴史」3点は、中学入学後にご覧になっても役に立ちます。
「せかいちず」は必要ですか。
産業・貿易などでは石油輸入先の中東の国々、歴史では近隣の朝鮮半島・中国、世界大戦で名前の出てくるような国、を知っていると安心かもしれません。 ※参考…「日本の産業2」の中で中東の国々(国名と位置)を教えています。「日本の地理」の中で世界の主要国(国名と位置)を教えています。

7.サンプルDVDについてのご質問

どのような内容のものですか?
当社DVD各タイトルの内容の一部を数十秒~数分ずつ収録し約40分にまとめたものです。
入手方法は?
こちらをご参照下さい。→ サンプルDVDについて

8.ご購入後のご質問

DVDが再生できません。
再生できない原因は様々考えられますが、ディスクの記録面の汚れや、プレーヤーの読み取り部分のレンズの汚れなどの場合もありますので、一度ご確認をお願い致します。
原因がわからない場合はお手数ですが、メールやお電話、「お問い合わせフォーム」などから詳細をお知らせください。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © にっく映像株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.